新型コロナウイルス消毒横浜市


介護施設での新型コロナ消毒業務にて気づいたこと・・・

投稿日時:2021/02/25 11:35


おはようございます。徐々に、感染者数が減少傾向になっており、私たちの消毒業務も落ち着きを見せてきております。
さて、新型コロナウイルスの除菌についてチェックしていただきたいことが・・・
ドアノブや、トイレなどの除菌消毒は当然ながらのことですが、意外と見落としがちな部分が多くあります。しっかりと消毒していても、感染者が増加する傾向と言われる介護施設などでは、何故か感染が止まりません。
神奈川ハウスクリーニングセンター​では、消毒対応として重視していることは「手指が触れる部分」にポイントを置いております。

まずは、テレビやエアコンのリモコン。これは、誰もが触れる部分です。
必ず、リモコンは定期的に消毒をしましょう。


次に、椅子などの手指接触部分です。椅子を引く部分や、手をついて立ち上がる部分も常時消毒をしましょう。
特に介護施設では、洗面台の前では椅子を置いて、歯磨きをしますね。
歯磨きによる飛沫感染は多いものです。


そして、水道金具廻りは、徹底して使用後には消毒をすることが重要です。


見落としてはならない部分として、洗剤などの容器手指接触部分。
また、介護施設では洗濯機などの蓋は、看護者が直接接触する衣類などからの洗濯機蓋にウイルスを接触させる部分です。
衣類の洗濯時など、介護者の方の感染が発生した場合は、必ず手袋着用を心がけましょう。





掃除機の取っ手部分は、清掃時に消毒してから触れること。使用後は、消毒を徹底しましょう。



食材に触れることが多い冷蔵庫の取っ手部分など、食材を搬入してからのウイルスを接触させる恐れがあります。
このような部分を、常時拭き取り清掃することをおススメします。



介護に使用する車椅子は、常時どこでも手指接触場所です。
徹底して消毒を忘れずに行いましょう。



昨今、介護施設などのクラスター感染は継続しております。
未だに、どうして介護施設が感染者が継続しているのかなど話題になっておりますが、私たちの消毒現場での日々の状況からすると、見落としがちな消毒場所が原因と思われます。
マスクしていても、手指消毒していても、間接的接触場所の消毒を要点検するべきだと思います。
このブログを見ていただいている方が、新型コロナウイルスに対する感染防止策として再度、感染防止策として役立てていたただければと思います。

また、神奈川ハウスクリーニングセンター​では、緊急時の新型コロナウイルス消毒を24時間体制で現場消毒とさせていただいております。
お困りの際には、直接お電話にてお問い合わせください。

公式ホームページhttp://khc-center.flips.jp/

☎046-888-3897

7時~21時まで電話受付中